<< すっかり更新忘れてました | main | ここんとこ観たアニメとか映画とか その2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

ここんとこ観たアニメとか映画とか その1

ここ一ヶ月で観た文化的娯楽(笑)をせっかくなので簡単にまとめときます!



 機動警察パトレイバーシリーズ


ロボットテクノロジーの発達によって登場した汎用多足歩行型作業機械「レイバー(Labor)」は急速に発展・普及し、軍事・民生を問わずあらゆる分野で使用されるようになった。特に東京を含む首都圏では1995年に襲った東京南沖大地震の瓦礫の処分と、首都圏の土地不足の解消を兼ねた国家プロジェクト「バビロンプロジェクト」のためにレイバーは既にありふれた存在であった。だがその結果、レイバーによる事故はもちろん、レイバーを使用した様々な犯罪行為(酔っ払いの乱闘騒ぎや窃盗からテロ行為まで)が多発して社会問題となった。この「レイバー犯罪」に対処するため、警視庁は警備部内の特機部隊にレイバーを導入し、その任にあたらせた。物語は、若いパトレイバー隊員たちが葛藤しながら成長する青春群像であるほか、産業ドラマであり、陰謀ドラマでもある。これらが並行して展開されるストーリーとなっている。(wikiより引用)

初期OVAシリーズ(1988~98) 
機動警察パトレイバー the Movie(1989) 
機動警察パトレイバー 2 the Movie(1993) 

押井守監督作品だけばばっと観た。
 ううん…しかし結構時間が経っちゃったのであまり書くことがない。。瀑 
こうゆーのは日々まとめとかないとだめですねーーー 
この2つの劇場版パトレイバーは、同じアニメ、同じ監督の作品とは思えない雰囲気の違い。 2のほうが俗にいう「押井色が強い」、 セリフが長くてストーリーよりも物語の世界観を重視、といった傾向が顕著です。 OVAや劇場版第一作にあったコミカル要素がほとんど皆無! でもまだ全然分かりやすい方だと思うけども。攻殻に比べれば……笑 今でこそ評価されてたくさんのファンをもつ押井監督ですが、 当時はその難解な物語構成が原因で生活も困窮していたそうです。 その脱出口となったのがパトレイバー。 最初はコミカルな展開で視聴者を引きつけ、徐々に押井節をきかせています。 なお劇場版の制作元はProduction I.G。 以後押井監督作品はすべてこのプロダクションが担っています。 
だめだ。時間が経ちすぎて話の内容が思い出せぬ。。 
とりあえず隊長の後藤さんがすっごくかっこいいという。 
他に漫画、小説、TVシリーズ、映画1作ありますが、全てパラレルワールドらしいです。 




王立宇宙軍〜オネアミスの翼(1987)


所属が10人に満たず「失敗ばかり」「なにもしない軍隊」と揶揄され、世間に落第軍隊として見下されているオネアミス王立宇宙軍の士官・シロツグ・ラーダットは、欲望の場所でしかない歓楽街で献身的に布教活動を行う少女・リイクニ・ノンデライコとの出会いをきっかけにそれまでのその日暮らしの自堕落な生活を捨て、宇宙戦艦という名目の人類初の有人人工衛星打ち上げ計画に参加し宇宙を目指すことになる。 厳しい訓練や多額の税金を使う宇宙開発の意味、開発スタッフの事故死、敵国「共和国」からの刺客、リイクニとの気持ちのすれ違いを乗り越え精神的に成長していくシロツグの姿を描く。 (wikiより引用)

GAINAX設立のきっかけとなった作品。当時スタッフ平均24歳! エヴァンゲリオンの監督 庵野秀明、キャラクターデザイン 貞本義行、更に音楽は坂本龍一と 今となっては大御所揃いのメンバー。 主人公の単純な発想から宇宙へ行くことになったものの、 その過程で光と影の両局面と対峙することになり、自分の正義とは何なのか…そんなお話。 てか小さい頃大好きだった「ふしぎの国のナディア」って庵野、貞本作品だったのか! なんとなく納得できる気がする。うまく言葉で表せなくてむがむがするけど。

 


攻殻機動隊シリーズ

 

劇場版 監督:押井守 
GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊(1995) memo.人形使い 
イノセンス(2004) 

TVシリーズ版 監督:神山健治 
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(2002~2003) memo.笑い男事件 薬物 
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG(2004~2005) memo.個別の11人事件、出島事件 難民 
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society(2006) memo.傀儡廻 高齢化問題 

前に友人宅でちょろっとみせてもらったことはあったけど当時全く話が分からず…
今回まとめてざざっとみたけどまだ理解しきれていません。笑 
ただアニメのクオリティの域を超えているということだけは分かりますww 
神山版にでてくるタチコマがかわいいです。そして切ないです。 
彼ら無くしてはミーハーな私は物語に入り込むことはできないでしょう。。 
とりあえずこれから何回も見続けなければーー。 
むずかしいことを書くのはまだ無理です(笑)ごめんなさい(笑)



サムライチャンプルー
現代より遥か昔、侍も平民も太平の世を謳歌していた江戸時代中頃の横浜。天涯孤独の少女・フウは、「向日葵の匂いのする侍」の情報を求めて数多くのバイトをしていた。そんなある日、ふとしたことで知り合った二人の男・ムゲンとジンを用心棒として、彼女は「向日葵の匂いのする侍」を探す旅に出ることを決意する。


Cowboy bebopの渡辺 信一郎監督作品。舞台は江戸時代だけど時代劇っぽさはない若者向け。
アクションシーンの動きがすばらしい!個人的には物語は単調で、流れ作業的にぽんぽん見終わった気がする。随所に日本史の情報を組み合わせてきてフィクションとノンフィクションを視聴者にとっかかりやすくなるように混ぜ込んでいた感じ。


カウボーイビバップ 天国の扉(2001)
2022年、月での位相差空間ゲートの共鳴テストの実験中に発生した大事故で月の表面が大きくえぐられ、その破片が大量に降り注ぎ、地球上に壊滅的な被害をもたらした。この事態により地球は死の星と化し、人類は外惑星へ移民することを余儀なくされ、皮肉な事態で人類は積年の夢であった宇宙時代を迎えることとになる。人類の生活圏は急激に拡大することになったものの、ゲート事故以来約20年にも及ぶ無政府状態は深刻な治安の悪化を招いてしまった。そのような状況に対して、警察にも手に負えないほどの多量の犯罪を取り締まるため「犯罪者に賞金を掛け、その摘発を一般から公募する」というカウボーイ(賞金稼ぎ)制度が考案されることとなる。



Genius Party Beyond(2008)
アニメーション短編集です。


つかれた。後半自分の感想とか書く気失せた。w
アニメ系はここらへんをみましたーーってことで。


at 06:11, yumiko, -

comments(0), -, - -

スポンサーサイト

at 06:11, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment